肝心帳 kudo studio
Page: 1/1   
思考と行動力を持つ細胞
 細胞一つの中に3億からの遺伝子が存在しているというのです。

 そして人間の身体の細胞は、11ヶ月もすると、全部が新生の細胞になっているのです。

 にもかかわらず、その遺伝子はそのまま成長を続け、またその経験知を伝達し存続させていくのです。

 第一優先事項という言葉がありますが、TPOでその順位はどんどん変わっていきます。

 しかし、精神的な探究と追究においての第一優先は変更がない、それは現実以前の実現への可能性を基本とした精神構造とでも言えるかもしれない。

 それが視覚的想像力・・実現を可能にする大いなる力の発生元、その発生源はハイテクでも何でもない、アナログそのものです。

 人間の叡智は計り知れないものがありますが、偉大な力と交信が出来る機能は、想いや思考から派生する視覚的想像力というものです。

 もちろん、その想像力もシッカリとした精神の研鑽によって磨き上げられた魂であるに越した事はありません。

 どの様な想いであれ、山頂を目指して一歩を踏み出すという事は、すでに山頂を手前に引き寄せたと同じことなのです。

 細胞一個に3億から5億の遺伝子・・・大いなる力は大いなる視覚的想像力に刺激され、そのDNAのスイッチがオンになるのです。

 何かを求めるときには必ず代償を支払わなければならない・・陰と陽のごとく、必ず表裏一体なのです。

 どんな問題であったとしても、天はその人の持つ器量に入るものだけを与えてきます。時にそれは辛苦でもあります。

 また飽食の機会を与えられる事もあるでしょう・・

 しかし、天はその人が解決できない問題などは絶対に与えません。

 だからこそ一瞬を大切にする、今ここが大いなる事態、大事とはそういうことなのです。飽食を当たり前と思い、いつまでも同じ過ちを繰り返していく・・人間の気づかぬゆえの堕落、そして没落・・・

 勉強という言葉は読んで字のごとく・・・強いて力を免ずるです。

 肩から力を抜いて、ふと・・そのままの行動が、そのまま本来の善性、真我の発露となるのです。

 ふと・・生きれるようになる事を目指しています。

 内観という勉強方法がありますが、自分と対峙して逃げられない情況に自分から進んで飛び込んでいくというものです。

 苦しい勉強になるやも知れませんが、内観と云う過酷な勉強は、その本人以外にしかできないものです。

 自分の中の我欲や煩悩と向き合い、自分の中に善悪の両性のあることを認知、受容し、自分の中の悪性との凄絶な戦い(聖戦)を続ける事です。

 それ故に苦しく、殆どの人は始めて少し経つとすぐ逃避してしまいます。

 自分からは逃避できません、ただ本当の自分を無視し、隠すだけ。

 外へ目を向けてばかりで、内面を見(観)ず、表面上をつくろって、まるで間違いや欠点の無いような人物を振舞う・・空しい日々です。

 プロ(真実の自己)は苦しくなってきてから、それからがプロの仕事、仕事や勉強から絶対に逃げない、プロの姿勢、プロの生き様なのです。

 周囲に翻弄されない本当の自分、真我に目覚めた時、一つひとつの細胞は大いに刺激され、善性のDNAが目覚めるのです。

 危険な事は、その正反対に思考が悪性であっても同じ様に、細胞のDNAの目覚めには、悪性のスイッチが入ってしまうという事です。

 思考や想像はDNAを刺激し、そして現実化へと静かに行動を起こし始めます。

 素敵な健康的で建設的な想像や思考を日々めぐらせる様にしなければならない。何故ならば、人は生まれながらにして幸せになる権利をもってこの現世に出現しているのだから。


祈念、無病息災、萬福将来・・・合掌

愚人、村正
| Muramasa Kudo | 22:22 | comments(0) | - | pookmark |
思考と行動力を持つ細胞

 細胞一つの中に3億からの遺伝子が存在しているというのです。そして人間の身体の細胞は、11ヶ月もすると、全部が新生の細胞になっているのです。にもかかわらず、その遺伝子はそのまま成長を続け、またその経験知を伝達し存続させていくのです。

 第一優先事項という言葉がありますが、TPOでその順位はどんどん変わっていきます。 しかし、精神的な探究と追究においての第一優先は変更がない、それは現実以前の実現への可能性を基本とした精神構造とでも言えるかもしれない。それが視覚的想像力・・実現を可能にする大いなる力の発生元、その発生源はハイテクでも何でもない、アナログそのものです。

 人間の叡智は計り知れないものがありますが、偉大な力と交信が出来る機能は、想いや思考から派生する視覚的想像力というものです。もちろん、その想像力もシッカリとした精神の研鑽によって磨き上げられた魂であるに越した事はありません。どの様な想いであれ、山頂を目指して一歩を踏み出すという事は、すでに山頂を手前に引き寄せたと同じことなのです。

 細胞一個に3億から5億の遺伝子・・・大いなる力は大いなる視覚的想像力に刺激され、そのDNAのスイッチがオンになるのです。何かを求めるときには必ず代償を支払わなければならない・・陰と陽のごとく、必ず表裏一体なのです。どんな問題であったとしても、天はその人の持つ器量に入るものだけを与えてきます。時にそれは辛苦でもあります。

 また飽食の機会を与えられる事もあるでしょう・・しかし、天はその人が解決できない問題などは絶対に与えません。だからこそ一瞬を大切にする、今ここが大いなる事態、大事とはそういうことなのです。飽食を当たり前と思い、いつまでも同じ過ちを繰り返していく・・人間の気づかぬゆえの堕落、そして没落・・・

 勉強という言葉は読んで字のごとく・・・強いて力を免ずるです。肩から力を抜いて、ふと・・そのままの行動が、そのまま本来の善性、真我の発露となるのです。ふと・・生きれるようになる事を目指しています。

 内観という勉強方法がありますが、自分と対峙して逃げられない情況に自分から進んで飛び込んでいくというものです。苦しい勉強になるやも知れませんが、内観と云う過酷な勉強は、その本人以外にしかできないものです。自分の中の我欲や煩悩と向き合い、自分の中に善悪の両性のあることを認知、受容し、自分の中の悪性との凄絶な戦い(聖戦)を続ける事です。それ故に苦しく、殆どの人は始めて少し経つとすぐ逃避してしまいます。自分からは逃避できません、ただ本当の自分を無視し、隠すだけ。外へ目を向けてばかりで、内面を見(観)ず、表面上をつくろって、まるで間違いや欠点の無いような人物を振舞う・・空しい日々です。

 プロ(真実の自己)は苦しくなってきてから、それからがプロの仕事、仕事や勉強から絶対に逃げない、プロの姿勢、プロの生き様なのです。周囲に翻弄されない本当の自分、真我に目覚めた時、一つひとつの細胞は大いに刺激され、善性のDNAが目覚めるのです。

 危険な事は、その正反対に思考が悪性であっても同じ様に、細胞のDNAの目覚めには、悪性のスイッチが入ってしまうという事です。思考や想像はDNAを刺激し、そして現実化へと静かに行動を起こし始めます。

 素敵な健康的で建設的な想像や思考を日々めぐらせる様にしなければならない。何故ならば、人は生まれながらにして幸せになる権利をもってこの現世に出現しているのだから。

祈念、無病息災、萬福将来・・・合掌

愚人、村正
| Muramasa Kudo | 16:36 | comments(0) | - | pookmark |
ポジティヴ思考とネガティヴ思考
 真剣に(ポジティヴ)に考える事と、深刻(ネガティヴ)になることは違うよ!

 何なに・・・だから、と言うのは結局は自分がもっている問題から逃避する言い訳にしかならないんだよ、わかるでしょ?どんな時でも自分が決断しているんだよ、仕方ないという思い方も、 これではいけないという思い方も、全部いつも自分が最終的に決めて自分でそういう風にしているから・・・その様に成るんだよ、わかる? だから、だって、でも、だったら・・・責任のがれの言葉ですよ。

 自分が変わらなければ、これから先の自分の人生など変わる訳はないんだよ!過去と他人は変えられないけれど、自分と自分の未来はいくらでも変えられるよ!だってぜんぶ自分の人生だから・・・自分が変われば世界が変わるんだよ。
 自分の考えかたというものを口に出す前、行動する前にひと呼吸おいてもう一度考えるという習慣(くせ)を自分の中にシッカリと植え付けなければ変わる事も上に進む事も出来ないんだからね!
 わかるでしょ?この言葉をちゃんと理解して、自分のものとして中に取り入れなければ身にならないんだよ。そうやって生きていこうと決心する、しないは君が決めている事だから、それをいつでも自分に言い聞かせていなければダメですよ。
 いまはそれで良いかも知れないけどね・・・けど・・だけどが付いている内はダメなんだよ・・・君は出来るんだから、すれば善いだけ、それをやるんだよ!
| Muramasa Kudo | 21:49 | comments(0) | - | pookmark |
肝心帳

Profile

Mobile

qrcode

Search

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Sponsored Links

Feed

Recommend