肝心帳 kudo studio
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
題名 『 Rose Card 2 』

さて今年のペインティング第一号です。

題名は『 Rose Card 2 』 です。


新作
©MURAMASA KUDO



やっと絵を描き上げた…


と言うよりも、描き終わらせた…


ラインドローイングは書道に通じるものがある…



下描きやスケッチなど一切ないので


即興で想像力とスピードで描き上げる…



今回は最初と最後ではまるで違う絵になった。



不注意から要らぬ手間が増えたためだ…


即興性が見えなくなる…が、変貌していく過程も


制作していると言うよりもチャレンジ要素が大きい




今回はシンプルに…と想像していたが…


結果はこのように天地の差くらい違ったものになった。




アートは不思議だ…お料理とも似ている。


薄味で造り始めたのに納得がいかず、味を変えていく内に


最後に味噌煮込みの鍋になったりする事もある。



ラインドローイングというものが、作品として


成立するという、新しいジャンルとしてアメリカで


確立出来たことは、私にとって大きな意味がある。



それは書道という日本の文化から派生したものだからです。

私の恩師、水茎書道院の創始者、間山陵風先生の教えは

いつもシンプルでした。


流れのままがいい…紙からはみ出していい

書く勢いをとめずに最後まで書く…でした。


故、棟方志功先生も同じように絵を描いていた。

私の母校、青森の長島小学校の大先輩でもあるが、

学校の講堂には、しっぽが途切れている

大きな鯉の絵がある…眼の悪かった棟方志功先生が

無我夢中で一気に描き上げた作品だ。

どこまで紙面が続いているのか…

その様なことは眼中にも意識の中にも無かったそうです。



しかし納得とはかけ離れてはいるが、

進展として楽しく迷いながらも描き上げたものです。


始まりと描き終わった二枚の絵ですが

アートは不測に、そしていかに変貌するかです。


予想不可で描かれた一枚の絵です。


今年も宜しくお願い申し上げます。


祝慶、感謝を込めて…

愚、工藤村正 拝呈、

新作
©MURAMASA KUDO

新作
©MURAMASA KUDO

新作
©MURAMASA KUDO

Kudo Studio Japan:Webサイト
http://www.kudomuramasa.com/index.html

| Muramasa Kudo | 18:15 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 18:15 | - | - | pookmark |
Comment








肝心帳

Profile

Mobile

qrcode

Search

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Sponsored Links

Feed

Recommend