肝心帳 kudo studio
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
戸惑いの無い…無我夢中…

私は長年にわたって多くの画材を駆使して絵を描いて来ました。


80年くらいからは墨を使った水彩画を主体に描いてきました。



水彩は最も手軽なお絵描き画材です。



水彩は描いている時は濡れていて乾くと違った色になる。


私の細かく描き込んだ絵、特に肌には筆あとがありません。


濡れた状態で描き進めるwet on wet という技法です。


その肌を表現する為に5年以上の歳月をついやしました。


この技法はアルベルト・ヴァーガスというアーティストが


その肌の美しさを水彩で再現したのです。


後年になってエアーブラシなのでは?とも言われる位


彼の描いた女性の肌はキメ細やかで、血がかよった女性になる。 




70年代にはエアーブラシという道具が


それまでのデザイン業界やイラストレーターの世界に


大センセーショナルな変革をもたらしました…


しかし、水彩絵の具と筆で優雅に麗しく描かれた彼の絵のように


感性を秘めた優しさや、美しさ、品、色艶、麗しさ…


その肉筆の情感には遠く及ばないと…私は感じています。




線画も細密画も両方とも墨で一気に線を描く…


大胆で力強い線、そして繊細で柔らかな線、


その線の中に品格と情緒的な感性が静かに息づく線…


俺が、俺がという自我主張的な作為がある線ではダメ!


それが出来れば絵も9割の完成です。



躊躇なき線の動きが全てです!


そしてその特性と基本(それが全て)は、


戸惑いのない、躊躇もない…一気に描き上げる線です。



心頭に迷いや考え事があると…いくら隠そうとしても、


上手く誤魔化そうとしても…ダメです。


そこには迷いや、むり強い、作為が明白に現れる…




恋愛も仕事も人生も…我を忘れてしまうほど無我夢中になる…


そこに初めて本当の愛、そして実話がいろどられていく…



知っての通り墨というものは永久に近い位に退色しません。


迷いのある線も心もそこにとどまり続けてしまうのです。




書は空間の芸術です…と私は感じ、信じています。



真っ白な紙に、一気に書き上げる文字は、余白という


無地の空間色とのバランスにおける最高の芸術です。




書は中国より渡来して以来、書くということを芸術の域にまで


高めた日本人の感性は、世界でも例を見ない『 情緒的感性 』


その素晴らしい情緒的感性は、多くの芸術、工芸、日用品、


語らいの言葉として、さらに『 道 』として探求し続け、


その結果、世界に類をみない高次元で品格のある美しい


独特な文化となったのです。





その精神性を情緒的感性と私は呼び尊ぶのです。


そして情緒的感性こそが日本人が日本人であるゆえの


麗しく美しい文化そのものに成ったのです。





私は現代日本人もこの由緒のある感性をもう一度見なおし


世界に誇れる品格と尊厳、そして素晴らしさ、美しさを


とりもどして欲しいと願うのは、私だけではないと信じます…


©MURAMASA KUDO
©MURAMASA KUDO


©MURAMASA KUDO
©MURAMASA KUDO


©MURAMASA KUDO
©MURAMASA KUDO



Kudo Studio Japan:Webサイト
http://www.kudomuramasa.com/index.html

| Muramasa Kudo | 13:57 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 13:57 | - | - | pookmark |
Comment








肝心帳

Profile

Mobile

qrcode

Search

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Sponsored Links

Feed

Recommend