肝心帳 kudo studio
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
あきらめないと感謝で力が湧いてくる
 私は長いあいだ画家として生きてきた訳ですが、私も多くの人と同じく、惑わされ、落ち込み、そして、しまいには自分の生き方自体へも疑問を抱く事がたびたびでした。
 そういう時、自分に聞くのです。お前はアートが好きでやっているのだろ? って。認めてもらいたいとか、評価してもらいたい、そして周りに理解してもらいたい・・・誰でも同じ様にそういう思いが少なからずあるのです。
 でも自分がアーティストである事の幸せは、何にも代え難いものであることを、そのたびに認識するのです。
 こうして大変だと言いながらも、いまだに絵を描かせてもらえてるという・・・この奇跡にも近い日々は、感謝なしでは一秒たりとも存在などあり得ません。
 友人知人、収集家・・・そして身近な人たちに励まされ、いつでも絵が描ける環境・・・どんなに苦しくとも大変でも、私は人生は素晴らしくありとあらゆる命と関わることが出来る・・なんて楽しいことだろう・・・人生、お迎え来るまで、やめられない!!

 自分という人間は自分以外の何者でもなく、同じ様にほかの人達も私にはなれない・・・当たり前ですが、この個という存在の集合体が森羅万象、宇宙の真理であり、一つとして同じものは存在しないのです。
 砂浜のひと粒の砂、木の葉、めだか、どんぐり・・そして人間・・・同じ様でも皆それぞれが個なのです。違うという事に不安を抱くように社会は教育し、教育している人達も同じように不安を抱えている。
 自分達がなん世代にもわたって受けてきた当たり前の教育、常識・・・すべて時代と共に変化進化します。シッカリと生きる、生かされている事への感謝の表現が生きるという事でもあると思います。

 個である自分を認めることは、本来の自己『真我』にたち返った時に、初めて違うものたちと自他不二(皆一緒)の理解力や受容力となるのです。
 真我・・・生まれたときにハツラツと輝く命。こだわらず、かたよらず、かたまらず、とどまらず、ながされず、おこらず、あきらめず・・・ふわっと輝いて生きる・・そんな自分になりたいと願う。

 私も常にそういう生き方を目指して、生かされているこの命と魂の尊厳に感謝して頑張っています。違うという事が大事なのです。違いをそのままに観る、そしてそのままに受け入れる・・・世界はそれぞれ個々の違いで成り立っています。
 柳はみどり、花はくれない(紅)・・です。
 そのままがいいのです・・・そのままが一番美しく輝く。
 そうなれるように・・・なんでも受容できるような 大きな器(うつわ)になれるよう・・精進したいと思います。
| Muramasa Kudo | 09:37 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 09:37 | - | - | pookmark |
Comment








肝心帳

Profile

Mobile

qrcode

Search

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Sponsored Links

Feed

Recommend