肝心帳 kudo studio
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
メディアに観る国民性…世界はそれを基準に見てる

私のこの考えや感じていることが、全ての人の総意だとは言わない、


また皆が今から述べるような人達だけとも思っていません。


もし、不愉快な部分がありましたらご容赦の程をお願いします。





昨年の12月にあるTV制作会社からの依頼だと…昔からの友人から


国際電話が入った。


ある番組への資料などの提供を一両日中にという事だった。



急いで資料をTV用に再スキャンして多くの資料共に送った。


放映後にすぐ画像を送るということだったが何も来ない。


そしてメールを送っても制作会社の方からは返信も何もなく、


頼む時だけは直接連絡もせず人を介して連絡してくる…


頼まれた人は友人の為と思って自腹で国際電話をしてくれた。


彼は会社も経営しており、その時間などの事もお構いなく、


何度も伝達式に連絡をしてきたので、直接電話をしろと言った。


掛かってきたのは一度だけ、平身低頭にビクビクしながらの依頼、


私はそうとう怖がられている様だがヤクザじゃないし、


まともな事、筋を通して話すだけですが…



人から大事な資料を借りるのに、一々私の社員でもない人に


連絡して、直接連絡も出来ないような人間性の常識を疑う。


やはり日本のメディアの質の低さは信じられないくらい程度が低い。



世界の先進諸国の番組では考えられないくらいの低俗な物ばかり、


一流企業がそんな番組にスポンサーで金を出す…


商業利益性のみを追求するだけ…その副作用には無関心!


会社がでかくても品格という中身が伴わなければ、


その商品だけではなく、世界に通じる人物といわれるような


傑出した人間や、カリスマ性を備えた人物など出てくる訳もない。




日本の番組の高視聴率はバラエティのお馬鹿話や、


エログロナンセンス、頭の悪い連中集めてクイズ番組…


食物に対してのリスペクトのない無恥グルメ、


食材を作る人達や食糧事情が悪く、死んでいく子供達や


国などに対しても無礼きわまりないこと…半世紀も経っていない


過去をもう一度振り返り、飽食時代を引きずらないことだ。





日本語も、訳の判らない省略語や造語が氾濫し、


もうすでに世界に誇れるような美しい日本語ではなくなってしまった。



世界の教育水準レベルではたったこの20年くらいの間にトップから



一気におちて、もう既に30位ちかくまで堕ちている。


この落差をくいとめ元に戻すには、0歳教育から始める情操教育と文化芸術、


歴史、礼節などをしっかりと養育することが何であろうと第一優先にする事、


人の一代は20〜30年と言われている。



0歳教育で情緒も感性も高い大らかな子供達が25歳になって活動できる事を


将来の希望として今すぐ考慮しなければ大変なことになる。



高齢社会… 自己保身と自利自欲で走ってきた大人達、


そうやって育ててきた今の若者達に何を求めるのだ…?




仕事も勉強も、教えて、やって見せて、誉めてあげ、


のち更にしっかりとした実存の哲学なりを教え叱り励ます。


怒るは感情、私情、叱るは愛情と期待であって


天地の差がその折々に結果として出てくる。




ビジネスに対しての物事の考え方も長い間にわたり保身と策略、


自己主張と自我意識の強さ…バブル崩壊後も反省無き政経済界…


本物のリーダーはいまだに不在。




カリスマ何とか…など、やらせでっち上げのメディア商業主義に



乗せられて、宣伝のために無料奉仕かお金をつかって



目立ちたい主義で自己満足のなかで終わる…



芸能界にしても実業界にしてもそういう人達ばかりではないだろうが…




本物のカリスマ性は、その存在において教養と品格の高さ、懐の深さ、



そして慈愛と大らかさ、さらに考察力は緻密であり、行動は大胆不敵だ。



感情が基本になる様な自我判断先行で物事を進めたり決めたりしない。





皆それぞれがもっと第三者の眼を持って、自分も他人も仕事も会社も



高い所から観るようにしなければ、いずれは、木を見て森を観ず…で、



最後は自分で足がもつれて倒れる事になりかねない。



私はそういう人をいやというほど観てきた。




初心に戻る…と人は簡単に言うが、一度贅沢をした人間が


冷や飯だけでは'過ごせない体質、メンタリティになっている。


簡単なことではないが、目指す事とそれに伴う実行力が重大事だ。



ドアをノックしなければ開けてはくれない…


とろうとすると人は離さない…与え続けりゃ勝手に戻ってくる、


それが大宇宙の法則… それも大きな信用と敬愛をともなってだ!




裸で生まれて裸で死ぬのに何を持って、どこへ行こうというのか…


心も魂も重くなっていくだけなのに…




皆、自分の為にこそもっと品性、精神、尊厳、有為にたいして


勉強し学びを怠らないよう祈らざるを得ない今日この頃です。


ムラマサ
©MURAMASA KUDO

富士山
©MURAMASA KUDO



Kudo Studio Japan:Webサイト
http://www.kudomuramasa.com/index.html

| Muramasa Kudo | 08:47 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 08:47 | - | - | pookmark |
Comment








肝心帳

Profile

Mobile

qrcode

Search

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Sponsored Links

Feed

Recommend