肝心帳 kudo studio
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
節電…自重…適光適所

適光適所…光は心にともるものが一番輝くと思う。

多くの人の前で説法していたお釈迦様の言葉に

【貧者の一灯】という言葉があります。


多くの富裕な人達が当時は高価だったロウソクを

これ見よがしに寄付して火をともす…

お釈迦様はカースト制度の厳しい宗教制度の中で、

集会にも出る資格のない貧者が遠くでじっとお釈迦様の話に

耳を傾けながら、爪に灯をともす様な小さな灯火をかかげて

祈っていた…その姿こそが尊いものだ…とカースト制度の

富裕な人達をいさめたという話です。


今は煌々と光るネオンに慣れすぎて暗いと感じる人が多いと思うが、

停電になったときのロウソクなり、懐中電灯のあの光は

安堵と希望の象徴でもあると思う。


謙虚に必要不必要に関わらず、何事も過ぎない程度に

色々と工夫することも大切だと思うのです。


自動車、発電、製鉄、文明の利器の多くは

いつでも両刃の剣と同じで、自分を傷つける

危険性をいつもはらんでいる…

 
自然の中で自給自足…大変なクロウを伴うと思うけど

その分の喜びや文明利器の危険性を考えると

ずっと平和で健康的で調和のとれた世界だと思う今日この頃です。


ロスアンジェルスより、

祈念、無病息災…ご自愛を…

©MURAMASA KUDO
©MURAMASA KUDO
©MURAMASA KUDO
©MURAMASA KUDO

Kudo Studio Japan:Webサイト
http://www.kudomuramasa.com/index.html

| Muramasa Kudo | 23:51 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 23:51 | - | - | pookmark |
Comment








肝心帳

Profile

Mobile

qrcode

Search

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Sponsored Links

Feed

Recommend