肝心帳 kudo studio
Entry: main  << >>
翻弄されてまた反省し…

皇紀2673年という世界に留意を見ない一統万世の日本の歴史に於いて

国難に遭遇した史実は何度も有ったと思いますが、

その国難の時こそ台頭する人物が現れて来ました。

私は毎日の様にアメリカで日本のニュースをネットで見ていますが、

私も含めて政治への関心がいつの間にかナショナリズムへの狂気の

翻弄の渦に巻き込まれ理性的、冷静な判断や大局的な考察をする事を忘れてしまう

危険な状態にあると言う事は否定出来ないと思います。

多くは国家間の政治的問題に素人の感情を交えた思考で自分の為すべき本分を忘れてしまう事が

一番危ない事だと思います。

世界がいかなる状況にあろうとも、自分の中の文化意識と行動の理念に沿って

それぞれの道を精進邁進するだけと思い反省の念を抱いております。

多くの出来事に見る事件の内容は自己への戒めであり人間のもつ不条理性と創造性を認識し、

一人一人が日々目の前の小事を大事として精進することが将来の日本や世界を形成して行くのだと思います。

人間の煩悩と夢の狭間には多くの善悪も魔力も横たわっています。

天命と感じ天職と信じて自己の道を究めようとする事が一番の肝心かなめ…かと思うこの頃です。

最近の自分がいかに大局的見地を見失っていたかを痛切に感じ入る毎日です。

皇紀2673年という世界に留意を見ない一統万世の日本の歴史に於いて
©MURAMASA KUDO

Kudo Studio Japan:Webサイト
http://www.kudomuramasa.com/index.html

| Muramasa Kudo | 22:32 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 22:32 | - | - | pookmark |
Comment








肝心帳

Profile

Mobile

qrcode

Search

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Sponsored Links

Feed

Recommend