肝心帳 kudo studio
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
見ざる言わざる聞かざる…自反の言葉
 少々長くなりますが読んで頂ければ幸いです。 

【 見ざる言わざる聞かざる 】…  

この言葉を聞いて直ぐに頭に浮かぶのは、われ関せず、 
無視、さわらぬ神に祟りなし、知らぬ振り…という事だと 
多くの人は思っているのではないでしょうか…?  

私はこの言葉をよくよく吟味してみると人間の 
翻弄されやすい五感の曖昧さに於ける真実への誤認を 
いましめる言葉だと解釈しました。 

【 眼を閉じて内なる真我の姿を想い浮かべよ。 
 口を閉じて内なる正義に問いかけよ。 
 耳をふさぎ外界の雑音、誘惑を遮断し、 
 内からの真の声(天声)を聞け。】 
と私には受け取れるのです。 

現代社会は自己生存の為に殺伐とした社会という 
荒波の中を泳ぎ,暗澹とした葛藤の中に一筋の光を 
見いだそうと懸命に生きもがき苦しみながら送る日々… 
その時こそ自分は大きなうねりに翻弄されては 
いないだろうか? と云う自己への問いかけが 
とても大切な事だと思うのです。 

自分の事は自分が一番良く知っている… 
と思いがちですが、実は自分という者くらい 
解らないものは無いのです。 

喜怒哀楽に満ちた人生でこれが自分だと 
言い切れるのは本当に稀です。 

感情的な自分、貪欲な自分、批判的な自分、 
身勝手な自分、優しい自分、頑張る自分、 
落ち込む自分、明るく溌溂とした自分、 
いやらしい自分、どれもこれも自分なのです。 

あれは自分らしくないな…とか言う事が 
ありますが、それは自分の理想とする 
自分の姿を基本にした言葉です。 

その理想の自分とは自我というものを投げ捨てて 
内から表れた真我と云う品格と慈愛に満ち、 
微笑みを絶やさぬ強く凛とした姿なのです。 

完全などと云うものはありません,いつの時も 
そのままでその時の自分の完全さなのです。 

時が流れ自分をかえりみる事でその不完全な完全さを 
修正し続けて行くのです。 

時代が変わっても人生という個人の一生は 
その生きている間だけの歴史を積み重ねます。 

人は多くの人の人生を新旧に関わらず 
あらゆる手段で共有し、そして更に文化的にも 
精神的にも肉体的にも次元を高めて行く訳です。 

見ざる言わざる聞かざる…もう一度 
自己点検を喚起する言葉だと思います。  

萬謝を込めて…

少々長くなりますが読んで頂ければ幸いです。   【 見ざる言わざる聞かざる 】…    この言葉を聞いて直ぐに頭に浮かぶのは、われ関せず、  無視、さわらぬ神に祟りなし、知らぬ振り…という事だと  多くの人は思っているのではないでしょうか…?    私はこの言葉をよく
©MURAMASA KUDO

Kudo Studio Japan:Webサイト 
http://www.kudomuramasa.com/index.html
| Muramasa Kudo | 23:05 | comments(1) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 23:05 | - | - | pookmark |
Comment
おはようございます。
今朝、見ざる言わざる聞かざる
を拝読致しました。
そこに想い至ったこともありませんでした。
工藤さまは私の何倍もの体験をなさっておられ、それがこのような思想と言葉になるのでしょうね。
たくさんの記事がありますのでこれから楽しみに拝読させて頂きます。
Posted by: 足立浩一 |at: 2012/12/17 9:10 AM








肝心帳

Profile

Mobile

qrcode

Search

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Sponsored Links

Feed

Recommend