肝心帳 kudo studio
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
想像力は偉大な力との交信波動!
 いつも私は自分に言い聞かせている事は、人間の中には想像をはるかに超えた不思議な力の存在を知る・・という事です。

 昔からの聖者や賢者であるキリスト、モーゼ、釈迦、老子、孔子、そして多くの宗教学者、哲学者、皆、天からの啓示を良く理解し、修証一如(学んだ事と行動が一緒)を自分の生きる姿勢として、世界を善性へと導こうと、ただひたすら生きた人達でした。

 その奥底には同じく通じる大慈悲心と平和、調和を説いています。人間は愚かです、されど人間は人知を超えたサムシング・グレイト(何か偉大な力)と交信する力を天から与えられてもいます。

 多くの人は仕事のため、お金の為にと働いております。それはそれで現実の生活の中で培われた習慣である事は拒否できません。でも私はいつも人がいて初めて仕事もお金もその持っている命や力を活用して、進歩、進化、出来るものと信じています。

 あくまでも人が主導権を持ち、お金という便利な道具を使うのです。道具は決して人より上にあるのではなく、人の意思に従うものです。ですからお金という重宝な道具は、善い生き方をする為に使用する事で初めて活き活きとしたものに変化すると思うのです。

 人の感情はいつも変幻自在な魔物のようで、とても扱いにくいものです。しかし自分の我を消して、ただの空っぽのうつわになる事で、入ってくるものを即座に理解し、そして入れるも出すもうつわである自分の判断と決断、その二つの権限をもっている事で、器、すなわち自身(純真な自分)が崩れる事はないと信じているのです。

 それでも人間の感情は上下を繰り返します。私の仕事は絵を描くことです。それは想像を駆使して自分の中にある世界を描き出す仕事です。全ての人は仕事上でも普段の生活でも同じように想像力を使っていますね。

 その自分が大切にしている想像力が時々まるで普通の生活からかけ離れた所まで行ってしまう事もあり、その為に苦悩する事が多くあります。いつもいつもと言う訳ではありませんが・・。

 私も人間であることの喜びと苦しみをこの感情という魔物によって思い知らされるのです。それでも自分の命と魂、精神にとって一番重要な要素はなにか?と自問自答して自分の我欲という魔物を制御し、改革、進化、精進しなければならないと痛感する事がいつもあります。

 感情は五情五欲といわれるように、日常の生活の中で密接につながって来ます。その自分の感情との戦いは苦しくもあり・・そして幸せだと感じる事もありで、本当に疲れ果ててしまう事だってある訳です。だからこそ自己の精神を想像性という力を使い、サムシング・グレイト、ある何か偉大な力と交信しその助けを借りて、その力と共鳴できるように想いをめぐらせるのです。

 私は自分が人並み以上に感情や感性、喜怒哀楽の強い人間だと知っています。だからこそ自分の内面精神の勉強をサボる事ができないのです。

 なぜならば・・私は我が強くそのうえ弱虫だからです。
| Muramasa Kudo | 11:21 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 11:21 | - | - | pookmark |
Comment








肝心帳

Profile

Mobile

qrcode

Search

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Sponsored Links

Feed

Recommend