肝心帳 kudo studio
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
さくら咲く…ふるさとを想いて
日本では桜前線が例年よりもかなり早く 
北上中とのことだ 


ゆっくり構えていた観桜会をとり仕切る幹事も 
スケジュール調整に頭を悩ませている事でしょう 


いつも残念に思うことだが… 

今年もまた美しい桜を愛でる事ができなかった… 



ロスアンジェルスの桜は日本のような豪華で 
情緒たっぷりというのとはかけ離れている 

それでも…あ、桜だ〜…と 
見つけるたびにそれなりの感動を覚える 



私の育った雪国の青森は、雪が溶けて 
地面が見えて来ると春の到来なのだ 


昔の車道は車で踏み固められた雪が氷となって 
7、80cmくらいの厚さになっている 

少し土が見え始めてきた頃、それをツルハシで割るのだ 

雪割りと呼んでいた 



やがて…ポカポカと陽射しが暖かくなって来ると 
山菜の季節も始まる 


雪に閉じ込められた腐葉土の下から芽を出して来る 

その色あざやかな山菜は、本当に格別の美味しさだ 

申し訳ないのだが他の土地のものとは 
一線を画している。 



そして中春の4月末から5月、大型連休あたりが 
観桜の少し遅れての時節をむかえる 


雪国で観る天地をおおう満開の桜 

心は躍り胸は膨らむ… 


長い冬から開放された人々の笑顔があふれるのだ… 



大好きなふるさとの山々はまだ… 

そのふところに雪をいだき 
遅い春を待ちわびている 




この弘前市から百沢という町へ続く道路がある。 

その道は20kmにわたって道の両脇に6000本の 
桜並木が続いている。 

世界一長い桜並木だ。 




青森の弘前城址の公園は50種類程の色々な桜 
2600本が見事に咲き乱れる。 

ソメイヨシノ、を始めとして枝垂れ桜、八重桜と、 
それは見事な景観である。 



夜の弘前公園は、ライトアップされたお城のしろかべに 

桜のうすい桃色が美しく映え、そしてお堀には 

桜吹雪となって舞い降りた花びらがピンクの絨毯を 

敷き詰めた様にその水面を覆い隠すのだ… 



お堀も、人ゆく道も、優しいうす桃色の絨毯が 
敷き詰められている。 




その美しい山河にかこまれた街、 

時を超えてその美しい桜花の宴は 

昼となく夜となく観桜会を楽しむ声で賑わう 


春風に追われし花びらは、吹雪の様に舞いちり踊る。 



お城の方からは…桜を愛でるがごとくに 

楽しくも哀愁をおびた津軽三味線の音が流れている。 





おたやかに さかずきの中 さくら咲く  

   故国おもいて うす紅のきみ 

桜

桜

桜

Kudo Studio Japan:Webサイト 
http://www.kudomuramasa.com/index.html
| Muramasa Kudo | 23:24 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 23:24 | - | - | pookmark |
Comment








肝心帳

Profile

Mobile

qrcode

Search

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Sponsored Links

Feed

Recommend