肝心帳 kudo studio
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
アートへの私的考察
 芸術、この言葉はとて重々しくて自分に当てはめて言うには少し高尚過ぎるかな?と云う気持ちに成ります。

 芸術の芸は草冠に云うという字の組み合わせですが、それは物言わぬ草がものを云うという風に私は解釈しています。

 言葉や文字は感覚や感性というものを的確に表現し、相手にその感覚を伝えるには余りにも不完全な道具なのです。

 しかし芸術は作者の写真や経歴を抜きにしても、アートそのものが作者に関係なく観る者、聴く者に感覚というものを喚起させる偉大なものです。

 画風やスタイルというものは作者が意図して作り上げようとしても出来るものでは有りません。

 スタイルという大まかな点では50年代以前に巨匠と呼ばれる芸術家達が確立していますが、我々すべての人達は多かれ少なかれその影響を受け、そして消化され自分のものとして作品の上に現れてくると思います。

 本当のスタイルというものは唯ひたすらに制作し続ける事によっておのずから自然とにじみ出て来るものです。意図的に作られた物は決して長続きはしないし、また確立された画風、奏法、とも呼べないと思います。

 何にでも挑戦し極めて行く姿勢はとても大切ですし、その中で又新しい発見があるのです。常に基本に還って研究する事がとても大事な事です。

 今は芸術そのものが非常に安直に考えられている風潮が有りますが、芸術は不必要の必要性そのもで、矛盾こそが真理です。光りは陰を創り、陰は光りの存在を証明する・・表裏、男女・・すべてが一体であり、別離では成り立ちません。

 コマの芯(自己)だけでは立てません、自己だけでは絶対に成り立たない自然の摂理であり法則です。

 周りに自分以外のものが有って初めて立たせて貰えるのです。そういった意味では本当の調和というものが自然と出て来るまで制作し続ける事が大切な事です。自己陶酔、自己満足に堕ちない様に日々精神の研鑽が必要です。

 作品の中から自己というものが匂わなく成って、初めてその作品は独り立ちし、芸そのものに成ります。

 大事な事は生かされていると云う事です。自分が現在まで来れた道程、渡して貰った橋、井戸を掘ってくれた人を忘れては成りません。

 自己を内観する事を忘れずに日々精進して行く・・・それだけですね。



JUGEMテーマ:アート・デザイン


| Muramasa Kudo | 14:34 | comments(2) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 14:34 | - | - | pookmark |
Comment

中根守道さんは何時も私の個展の時には皆を引き連れて来てくれました。必ず生シュークリームを50人分くらい持って来てくれていました。俺たちは兄弟みたいな従兄だね・・と言っていました本当は私の叔父に当るのですが・・。亡くなるチョッと前に電話で話をしてまた一緒に遊ぼうぜ・・と言っていたのが最後でした。彼の床屋さんには私の絵や写真が所狭しと飾ってありました。私は通夜の時、戒名が未だついていないというので、「慈誠院芸髪祭道居士」という戒名を書き、棺の拝願の観音開きの両蓋に、右には旅の道連れにと女性の顔を描き、左にはお神輿(みこし)を描き、お祭り宜しく・・と書きました。どこ見ているか判らない様な眼で、何時も私や息子達に対してはとても優しく、皆にクマさんと柴又帝釈天の名物男でした。改めて彼が居ない寂しさを感じます。 コメント有り難うございました。 萬謝を込めて・・合掌
Posted by: 工藤村正 |at: 2008/08/03 8:29 AM
ご活躍のご様子、何よりです。中根さん、残念でしたね。。。。ふ〜っと入ってこられて、ポツポツと話されてふ〜っと出て行かれて。「あれ、いつもと様子が違うな。。。。いつもは今度一緒に、あれをしよう〜とか先の話をされるのにな?」と思いながら、そのまま。。。それが最後になってしまいました。「時折人に思い出してもらえればそれでいい。」とおっしゃっていたと、なみさんから伺いました。優しい笑顔、ときおり思い出します。涙がでそうなので、ここで。。。
では。God Bless
Posted by: Someone from the past |at: 2008/07/31 12:46 PM








肝心帳

Profile

Mobile

qrcode

Search

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Sponsored Links

Feed

Recommend