肝心帳 kudo studio
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
ノンビリする為に・・・あくせく・・?

友人からのメール・・・・自分の自然体が一番善いですね

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

メキシコの田舎町。

海岸に小さなボートが停泊していた。
メキシコ人の漁師が小さな網に魚をとってきた。その魚はなんとも生きがいい。

それを見たアメリカ人旅行者は、「すばらしい魚だね。どれくらいの時間、漁をしていたの」と尋ねた。

すると漁師は「そんなに長い時間じゃないよ」と答えた。

旅行者が
「もっと漁をしていたら、もっと魚が獲れたんだろうね。おしいなあ」と言うと、

漁師は、自分と自分の家族が食べるにはこれで十分だと言った。

「それじゃあ、あまった時間でいったい何をするの」と旅行者が聞くと、

漁師は、
「日が高くなるまでゆっくり寝て、それから漁に出る。戻ってきたら
子どもと遊んで、女房とシエスタして。夜になったら友達と一杯やって、
ギターを弾いて、歌をうたって…ああ、これでもう一日終わりだね」

すると旅行者はまじめな顔で漁師に向かってこう言った。

「ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得した人間として、
 きみにアドバイスしよう。いいかい、きみは毎日、もっと長い時間、
 漁をするべきだ。それであまった魚は売る。お金が貯まったら大きな
 漁船を買う。そうすると漁獲高は上がり、儲けも増える。その儲けで
 漁船を2隻、3隻と増やしていくんだ。やがて大漁船団ができるまでね。
 そうしたら仲介人に魚を売るのはやめだ。自前の水産品加工工場を建てて、
 そこに魚を入れる。その頃にはきみはこのちっぽけな村を出てメキソコシティ
 に引っ越し、ロサンゼルス、ニューヨークへと進出していくだろう。
 きみはマンハッタンのオフィスビルから企業の指揮をとるんだ」

漁師は尋ねた。

「そうなるまでにどれくらいかかるのかね?」

「二〇年、いやおそらく二五年でそこまでいくね」

「それからどうなるの?」

「それから? そのときは本当にすごいことになるよ」と旅行者はにんまりと笑い、
「今度は株を売却して、きみは億万長者になるのさ」

「それで?」

「そうしたら引退して、海岸近くの小さな村に住んで、日が高くなるまで
 ゆっくり寝て、日中は釣りをしたり、 子どもと遊んだり、奥さんと
 昼寝して 過ごして、夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、
 歌をうたって過 ごすんだ。どうだい。すばらしいだろう!!」


「・・・・・・・・・???」

___________________________

自分なりの価値観での幸せを大切にしたいですね!

| Muramasa Kudo | 13:11 | comments(6) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 13:11 | - | - | pookmark |
Comment
SAKURAKO 様、

ご丁寧なコメントありがとう御座います。

広島で開催された早乙女太一展に出品した花魁の絵は
とても評判が良かった様で嬉しく思っております。

多くの人達のお陰様の力でこうして画家を継続できている事は
感謝以外の何ものでもありません。

肝心帳もその様な方々との出逢いから学べたものです。

これからも皆さんと共に善い絵を制作出来るように精進致します。

HPをこれからも宜しくお願いします。

又のコメントを楽しみに致しております。

感謝を込めて、合掌、

工藤村正 拝復、
Posted by: 工藤村正 |at: 2009/09/02 10:48 AM
工藤先生

工藤先生のHPに、お邪魔するようになって、もうじき一ヶ月になります。
早乙女太一「千年の祈り」広島公演がきっかけで、先生のHPに辿り着きました。

HP内の作品は、言葉をなくしてしまう位、素晴らしくて・・・
妖しいほど美しく、品格があって、ドラマティックで、神秘的で深くて・・・
すっかり魅せられてしまいました。

「肝心帳」大変勉強になります。
一字一句が心に浸み、心が浄化される感じがします。
幾度も繰り返し拝読させていただいています。
これからも、楽しみにしています。


私は、「酔芙蓉」を眺めてるだけで幸せな気持ちになる夢追い人です。
我家の酔芙蓉の開花を待ちわびてる今日この頃です。
Posted by: sakurako |at: 2009/08/31 11:32 PM
Iatさん、

コメントをありがとう御座います。
毎日の生活の中で忘れがちなことが多くなって来たいまの社会において、闇雲に過労死を招くほどに働かざるを得ない状況など、今の日本の現状は政治屋の首をすげ替えただけでは何も変らないと思うのは私だけではないと思います。足る事を知るという事を忘れたかのような物質文明に翻弄され続けて来た人々も、自分を見直すときでもあると感じています。命あることだけでも感謝ですね。


小林みやさん、

電車の中で突然話しかけられてビックリしたでしょうね。乳児を手に抱えて立ちっぱなしなのに誰も席を譲ろうともしない、日本人の美しい思いやりというものが退廃してしまった現実を残念に思い、赤ちゃんの夜泣き対処法の話しをして少しでも気休めになれば・・と思ったわけです。でも色黒のいかついひげのオッサンに突然話しかけられたら誰でも引きますよね! でも無事にお家に着いたようなので良かったです。また電車でお会いするかもしれませんね。これから季節の変わり目、どうぞ赤ちゃん共々にお元気に過ごされる事を祈っております。


高山樹里さん、

ロスへ帰る前夜の出会いは友人の篠崎先生のお陰ですね。 アトランタ、シドニー、アテネと3連続オリンピック代表で活躍された実績もさることながら、その陰で血の滲むような修練を重ねてきた貴女の精神と魂に尊敬の念で頭が下がります。ソフトボールは次期オリンピックでは無くなりましたが、また新たなボブスレーと言う競技で世界の頂点を目指すことは素晴らしいことでもあり未知への挑戦でもあるわけですね。どの様な競技であっても貴女の集中力と努力、鍛錬は必ずや勝利の女神が微笑んでくれることでしょう。貴女のヘルメットに私の千社札が貼られ、氷の上を疾風のように駆け抜ける・・・感謝と祈りの気持ちで一杯です。これからも練習やら何やら新しい競技の為の試練が待っていると思いますが、どうか健康に留意され、怪我する事のないように御身ご自愛下さい。雪のないロスの空の下からいつも応援しております。又お会いできる日を楽しみにしております。


皆さんコメントをありがとう御座いました。  工藤村正 拝復、
Posted by: 工藤村正 |at: 2009/08/29 1:27 PM
先日は『かねいし』でお会いした、高山です。
お会いできてとても嬉しかったです(≧∀≦)
また、お話しもできてとても光栄でした。


頂いたシールは早速スーツケースとヘルメットに貼りました。
ボブスレーの絵を描いて頂いたプリントも大切にします。


本当にありがとうございました☆

お体には気をつけてくださいね。またお会いできる日を楽しみにしています。
Posted by: 高山樹里 |at: 2009/08/28 11:00 PM
工藤様
本日、田園都市線内で向かう工藤様、矢作様と、もうお一方(お蕎麦のスペシャリスト)にお会いした小林(妹)です。さっそくホームページを見させて頂き、とても面白く心に響くところが多くありましてメール致しました。特に「本当の無駄は」「感謝と笑いは命を救う」でした。読みながら反省し、考えさせて頂き、また今後の励みにもなりました。都会の生活では、なかなか初対面の方と話す機会はなく、とても新鮮で楽しかったです。あの電車に乗ったことで、お逢い出来たことに感謝いたします。

こんばんは。子連れの姉の方です。
夜泣きの際は絶対やってみます(笑

また皆さんとどこかでお会いできたらいいなぁと思いました。
まずは矢作さんのお店に食べに行きます!おいしそー!
Posted by: 小林みや |at: 2009/08/22 9:11 PM
面白いお話ですね(笑)。
落語で似た話があったような気がします。そっちはぐうたら(今で言うNEET)と彼を働かせようと躍起になる母親の笑い話でしたが。
あまりに怠け者でも困りますが、働くことの意味を見失わず、身近な幸せに目を向けないと駄目ですよね。
Posted by: |at: 2009/08/15 6:43 PM








肝心帳

Profile

Mobile

qrcode

Search

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Sponsored Links

Feed

Recommend