肝心帳 kudo studio
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
友達
 自分が生きていく上で、一番大切なことは善い友達が
居るかどうかです。

昔から、遠くの親より近くの友、とも言われる理由です。

親に言えない事でも友達には言える・・・
皆さんも経験があると思います。

よい友達とは自分をただ誉めてくれるだけではなく、
色々なアドヴァイスや建設的な意見を言ってくれる人です。
自分に正直に伝えてくれる人です。

それはただ思惑とか、人の噂を基準にしての事ではなく、
指針となる内容です。お互いが将来の目標や人間の深い部分を
語り合える友、それが善い友人だと思うのです。

自分がシッカリ定めた目標、目的があれば、他人が何を言っても
それに惑わされる事なく、自分の道をシッカリと歩けるのです。
そしていつの日か人は賛辞を送るのです。

その中には陰で中傷していた人も含まれる事でしょう・・・。
善い友、それは一生にわたって付き合う大事な宝です。

自分に友達が少なかったら、それは自分が友達になろうという
積極性に欠けている証でもあるのです。

友達になってくれるのを待つのではなく、友達になって行く、
自分の構えを解いていく事です。

私は沢山の善い友に恵まれています。ありがたい事です。


ナポレオン・ヒルはこのような事を言っています。

『友達よりも敵が多いとすれば、あなたの心構えを
 見直さなければなりません。』

友達よりも敵の方が多いとしたら、次のことを自分自身に
問いかけてみましょう。

 「私は自分が友達にしたいと思うようなタイプの人間だろうか?」

 「他人の気持ちを考えてあげているだろうか?
  それとも自分のことばかり考えてはいないだろうか?」

 「他人の良いところを見ようとしているだろうか?
  それとも欠点ばかりを探してはいないだろうか?」

 「何かがうまくいかなかった時、問題の解決法を
  探しているだろうか?
  それとも誰かを責めようとしてはいないだろうか?」

 
このような自問に対する答えの中から、
「なぜ自分には友達よりも敵の方が多いのか?」

という疑問への答えが見つかるでしょう
| Muramasa Kudo | 06:55 | comments(1) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 06:55 | - | - | pookmark |
Comment
ずっと、工藤さんのファンです。大きなラインドローイングと水彩画、を持たされてLAっから東京に帰った時は「わあ。これ、額装大変だ!?」と喜んだり、困ったりしたことを昨日の様に覚えてます♪今もBEDROOMに飾ってます。I氏や、K氏とは、今もお付き合いされてますか?
楽しかった事が思い出されて、とても懐かしいです。  亜由子
Posted by: ayuko koizumi |at: 2010/06/20 10:12 PM








肝心帳

Profile

Mobile

qrcode

Search

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Sponsored Links

Feed

Recommend