肝心帳 kudo studio
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
純粋性・・
 雪の白さは純粋に近い色・・・

もっと純粋になると透明になる・・・

透明な雪・・・・美しくないかも・・・


日本刀をご存知と思いますが、鉄で出来ています

そして玉鋼(たまはがね)という超高温で創られた

ものを折り込んで一緒に一つの塊にします。

最初は約10kgくらいの塊ですが、何度も

打ち鍛えられるうちに最終的には約1kg位なります。

約9kgの不純物が高温と鍛錬によって排除され

残された鉄は純鉄の鋼(はがね)になります。

だから日本刀は鏡のように透明感のある白に近い

地肌の色を持っているのです。

過酷に鍛えられた工程の圧力や高温が純粋な刀を創ります。


ダイヤは純単一炭素です。炭や鉛筆の芯と同じ成分

ですが純粋だから透明でそして想像を絶する過酷な

高温、高圧(辛苦と同じ)条件を通過したあとにのみ

出現するのです。


人間の精神、魂も・・多分同じ様に困難・辛苦が多ければ

多いほど、その魂の純粋性は限りなく透明になって

行くのでしょう・・・そこには辛苦に耐えきる想念、

かならずやり遂げるぞ!という強い信念が必要です。


楽器の音も同じ様に、その弾き手のエネルギーを

波動に変え、その音の純粋性はそのままその人の

魂の透明度になって行くのです
| Muramasa Kudo | 20:38 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 20:38 | - | - | pookmark |
Comment








肝心帳

Profile

Mobile

qrcode

Search

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Sponsored Links

Feed

Recommend