肝心帳 kudo studio
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
未来は自分で創る

他人と過去は変える事はできない、しかし自分と未来を変える事は出来る!
自分の根底(潜在的に持っている意識)を見つめる勉強、それは内観という
結構しんどい勉強でもありますが、自分の我、自分という変幻自在の化け物と
対峙し、決して自分からは逃避できないという事をシッカリと認識し、そして
自我という制御しづらい五情五欲を統制できる様になるまで続け、そして尚かつ
忘れぬように常に自己内面への注意を払い続ける事です。
内面の自己闘争、これを私は聖戦と呼んでいます。

あとは日々自分というものを第三者の目で観る訓練をすることです。

『観る』という事と『見る』という二つの言葉の意味は天地の差があります。
観るという事は観世音、すなわち見えないもの(感性)を観るという事です。

皆が知っていることわざで、見ざる言わざる聞かざる・・は本来の意味で
シカトする事や無視するという事ではありません。
目を閉じて自分の本来の姿を思い浮かべ、あるべき姿を確認し、
耳をふさぎ聞こえそうも無い内からの善なる声に耳を傾け、
口を閉じ自分の中の本当の姿(善し悪しを含め)に問いかける、
あくまでも真我という自我から解放された真の自由を持つ力強い
自分へと進化、変化、改革を進めるための内観法なのです。

さて、アマチュアとプロの差は駄目だ飽きたと思った時点でどういう
決断をするかで決まっています。
アマチュアの行動は趣味という枠の中で絵でも何でもやるが、失敗したり
飽きたりしたらすぐ止める捨てる、もしくはもう一度新しい紙なりキャンバス
なりの材料を使うが、プロは失敗した時点、飽きた時点からその失敗、飽きを 
いかに克服し完成させるかを考え行動する。

どんなに大変でも挑戦し続けている以上は失敗しても何でも挫折とは言わない。
挫折は諦めてギブアップした時、降参した時点でその呼称となる。
継続こそ才能という花を咲かせる唯一の栄養素であり、それが結果(実をつける)
となる事をプロはよ〜く知っているのです。

こだわらず、かたよらず、かたまらず、とどまらず、ながされず、そして
あきらめず・・・自分の進む道は自分の前にしかない、成功も失敗も将来には無い!
全ては経験という過去形の結果をあらわす呼称なのです。

自分の歩いて来た足跡を自己の道と呼び、成功や失敗と呼ぶ。
そして人はその足跡をみて誉めたりけなしたりするが、それは自分の事では
ないからできる事で、いざ自分の事となると大いに反発したり発奮する事になる。

歩かずして前には進まない、倒れるまでは立っている、生かされているうちは
死んではいない、だから生かされている内に大切な命を燻ぶらせずにシッカリと
燃やし尽くす覚悟で日々を送り、そして疲れ過ぎない様に飽きないように日々
楽しく、そして力み過ぎず自分を信じて精進する事です。

我ン張らずに、楽しく頑張りましょう。

| Muramasa Kudo | 19:56 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 19:56 | - | - | pookmark |
Comment








肝心帳

Profile

Mobile

qrcode

Search

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Sponsored Links

Feed

Recommend