肝心帳 kudo studio
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
人間関係は
 今の様な世界的不況社会での人間関係は往々にして問題が起きやすい。
人はそれぞれの思惑や想像、そして個々の生活状況、状態に応じて
考えや行動が伴っていくという事実で成り立っていて、個人の希望や
願望がそのまま100%相手に反映するという事ではないからだ。

ただお互いの理解や協調によって調和(同調と違う)が生まれる。
あくまでも違うという事が自然であり、個々がそれぞれの特性や
個性が活かされる訳です。

何でもそうだが「思い込んだら命がけ」になってしまわぬ冷静さも
大事なことでもある・・・もちろん恋愛感情は一番制御しにくい
感情の最たるものだから、素晴らしさと落胆の狭間に揺れる訳です。
それでも自分の想いと希望は持ち続ける事も素晴らしい事だと思う。

コップを空にして、どうぞ・・・と入って来るものが柔軟なものでは
なく氷のように固まっている場合、コップと接している部分はほんの
僅かです、水や空気のように柔軟であれば問題は無いのですが、
誰もが大人になるまでに多くの経験や情報による概念や思い込み
というものに囚われている事の方が多いものです。

どんなに頑張っても他の人にはなれない、男女の性を反転させる
ことなども出来ないのだから、後は自分の思考や想像力をいかに
調和へと使うかだが・・・・それがなかなか出来ない。

だからこそ自分という人間の良い面悪い面を、いかに把握して
それに集中し矯正したり伸ばしたりしていけるかの自己内面の
勉強なのです。

猛烈な自己との葛藤、格闘のくり返しを続けていくのです。
それを続けていけるのは夢をすてないからです。

みな血の通った人間である以上、それぞれが自分の思いや希望を
描き抱いているからこそ未来へ進めるし、延々と立ち止まり、
さまようこともある訳です。

自分というものは個人という世界に現存する何十億分の一の確立で
生かされ存在している、そして他という命の存在もまた蟻一匹でさえ
個という独立したそれぞれが違うという別個の命であることを忘れては
ならないのです。

個という単体の集合体で世界は成り立ち、また、それぞれの種類、
種族に集合し、国、社会、そして家族などが構成されている訳ですが、
一番に忘れてはならない事は、それぞれの違いがある事によって
自己という個、個人の存在が確立されているという事です。

違いがない同一というものは存在せず、似て非なるものという事実を
受け入れることが大事です。そしてそれが生きて行く上でとても
重要な関わりという関係を産み、人生という壮大なドラマが構成
されていく事になるのです。

他人のせいなど何もない、他人が他人への決断をする事はないのです。
例外はあるが、それは法律で拘束されたりした場合にはあるでしょう。

しかし物事の総ては自分の最終的な決断、判断で決めているのが
事実であり、毎日の生活は自己決断を続けている事による因果関係で
成り立っているという事を常に念頭において置く事です。

面倒臭い文面ですみません。簡単に言うならば、
他人と過去は変えられない、でも自分と未来を変えることは
誰にでも出来る!・・・それに向かう行動と勇気さえあれば。

一秒の積み重ねが時間という人生の経過をつくる以上、その一秒を
大切にできる様になりたいものです。
| Muramasa Kudo | 23:19 | comments(1) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 23:19 | - | - | pookmark |
Comment
村正様、安田会長とのLIVEありがとうございました。私は松山・大阪と2回聴かせて頂いて、2009年12月に過去最高売上を上げることができ、3月、1ヶ月スタッフと2人で会長と全国ツアーをさせていただきました。村正氏に教えてもらった毎朝毎晩“自分はできる”って強く思うことを実行させていただきました。これは私にとって、本当に大きな力となりました。あの時あのタイミングで村正氏とお逢い出来た事を感謝します。また、私は会長のもとで次のステップへとスタートしてます。また、機会があればぜひお逢い出来たら・・・と楽しみにまた肝心帳を読ませていただきます。
本当にありがとうございました。
Posted by: SoL  |at: 2010/04/04 2:56 PM








肝心帳

Profile

Mobile

qrcode

Search

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Sponsored Links

Feed

Recommend