肝心帳 kudo studio
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
盲目の恋人
 春の日差しが部屋を照らす病院・・・・

盲目の若い女性には、たった一人だけ心をゆるしている
彼氏がいました。
午後になるとその優しい彼はまいにち彼女のもとへ
会いに来ていました。

彼女は彼が来るのを毎日楽しみにしていました。
彼女はいつも自分の目が見えないことを不幸だとなげいていたのです。
人に会うのも話すこともいやで、いつも自分のことが大嫌いでした。

彼女は彼に、

「 あなたは眼が見えているからお花でも空でも海でも、 
  その素晴らしい美しさが見えるからうらやましいわ、
  私は優しいあなたの顔が見えないことが、どれだけ
  哀しいことか誰にもわからないわ・・・ 」

と、彼女はいつも悲しんでばかりいました。

優しい彼は、

「 君の眼はかならず治って見えるようになるよ!
  もし見えるようになったら僕と結婚しておくれ 」

と、いつも励ましていました。

彼女その言葉を聞くたびに、その時だけ希望と夢と幸せを
感じていました。

彼女は、

「 もし見えるようになったら真っ先にあなたの顔を
  心ゆくまで見て、くちづけを一杯するわ、
  そしてプロポーズの言葉を話すあなたの口元を
  じっと見ていたい・・・そして私はあなたの申し出を
  笑顔でうけるわ・・・
  でも、神様はそんな奇跡を私にあたえてくれるかしら・・・? 」

と、彼女はまた同じように悲嘆にくれて涙を流していました。 

ある日病院の先生が、

「 君の眼は治ることになったよ、君のために眼を
  提供してくれた人がいて、明日には手術ができるから、
  もう少しのしんぼうだからね! 」

という素晴らしい知らせでした。

彼女は、

「 なんて素晴らしい奇跡を神様はあたえてくれたのでしょう! 
  もう少しであなたの顔を見ることができるのね!  
  あぁ、ほんとうに待ちどうしいわ!」 

と本当に幸せそうに彼に報告するのでした。
そして夢にまで見た手術も無事におわり、
包帯をはずす日が来ました。



彼女はゆっくりと眼をあけて、まぶしい光の中に、庭に咲いている
美しい花や小鳥、そして青い空と白い雲をみながら・・・

「 なんて素晴らしいことでしょう!世界がこんなに美しいなんて、
  なにも見えない暗やみの中とは大違いだわ!」

と、先生や看護婦さんに話しかけて、思い出したように、

「 私の優しい彼はどこにいるの? 愛しいあの人の顔が見たいの!」

先生は彼を部屋に呼び入れました・・・。

彼女はドキドキしながら、入ってきた大好きな
やさしい彼を見つめました。

彼女は自分の大好きで愛している彼をみて・・・
さーっと顔が曇りました。

彼女の愛したやさしい彼の眼は、
かたく閉ざされた盲目でした。

彼女はガッカリしたような声で、

「 あなたが私の愛したひとなの ? 」

彼は、

「 そうだよ、眼が見えるようになって本当に良かったね! 
  僕はこの時をずっと待っていたんだ、僕と結婚してくれるね? 」

彼女は哀しそうな声で、

「 私、もう盲目は嫌なの、ごめんなさい・・・結婚はできないわ 」

彼の見えない眼から涙があふれ、頬にはいく筋もの涙が
流れ落ちていました。

そしてがっくりと肩を落として彼女の部屋から立ち去って行きました。

それから何年もの月日が過ぎて、彼女のもとへ一通の手紙が
届きました。
それはあの優しかった盲目の彼からでした。

彼女は手紙を読み始めました・・・そして彼女の眼は涙であふれ、
身体をふるわせながら大声で泣き続けました。 

その手紙には、

「 僕の愛した君は眼が見える様になってとても幸せになっていると
  思う・・・・僕はいま何も見えないけど、僕の眼は君の幸せと
  共に世界をいつでも見ている・・・僕の眼にやさしくして、
  そしてずっと大切にしてあげて下さい・・・。」

と書いてあったのです・・・
彼は愛する彼女のために、自分の両眼を捧げたのでした。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


このお話は、もうすでに会えなくなった人たちや、

忘れてしまった人たちも、皆、人生の中で縁のあった人達、

そういう自分を支えてくれたり、助けてくれたり、友人で

あってくれた事を感謝して、忘れないようにしましょうね。



Kudo Studio Japan:Webサイト
http://www.kudomuramasa.com/index.html
| Muramasa Kudo | 22:12 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 22:12 | - | - | pookmark |
Comment








肝心帳

Profile

Mobile

qrcode

Search

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Sponsored Links

Feed

Recommend