肝心帳 kudo studio
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
”ライムライト”…不朽の名作

洋画の名作、”ライムライト”

1952年にチャップリンがアカデミー作曲賞を含めた映画の総てを

自作自演で制作した…老年の道化師と美しい踊り子の純粋愛の物語。

チャップリン

今もハリウッドにはチャップリンが創設したスタジオが当時の面影を

残し、古いレンガ造りの外観も建物もまだ現役で活躍している。

私の親友だった故ラウル、ジュリア主演のアダムスファミリー1、2

もここで制作されました。


ラウルに呼ばれてセットへ入り、映画製作の事やチャップリンの話を

しながらも…この美しい感動の映画を想い出していた。




ライムライト、今の電気照明がまだなかった時代のステージライトで、

それは”名声”と賞賛される者への代名詞ともなっていた。この映画は

世界中の人々へのメッセージとして、命と魂の尊厳を深く、そして

慈愛を込めて創られた不朽の名作です。



しかしながら、当時のアメリカは異常なアカ(共産党員)狩りが遂行

されていて、チャップリンは母国イギリスへ凱旋途中の船の中で、

国外追放の哀しい知らせを受けた。



彼は人生などと云うものはない、生きる事は闘いそのものだ!

と言い切っていた。


私も含めアーティストでなくとも共感しない人は皆無に等しいのでは

ないかと…。



そして年月が過ぎ世界の超大スターとして、全アメリカ国民の待望と

賞賛に満ちた歓声の中、老いた顔には満面の笑みをたたえて…

その姿は…凛とした品格と、眼は慈愛と尊厳に満ちあふれていた…

その細い足は愛しむ様にふたたびアメリカの地を踏んだ。


チャーリー.チャップリン、彼は再びライムライトの頂点に照らし

出された…愛と想いを込めて創ったこの映画を再現したかのように…




”ライムライト”この映画には彼の生への愛と哲学、初めて波瀾万丈の

彼自身の素顔を映画に露出し、想像と創作、夢と現実、絶望と希望、

美しくも儚く、愛する人への想いと葛藤…人は個人として生まれ、

個人として独り静かに久遠の眠りにつく。




私は今この歳になって自分の中に、この愚直な主人公カルヴェロと

テリーの交感を、優しく流れる歌曲と共に切ないほど痛い程に

感じている…涙と愛が溢れ出てくるのを止めはできない…





"  Eternally …永遠に " (テリーのテーマ)

名作、” ライムライト ” の主題曲、Charles Chaplin作詞作曲


I'll be loving you Eternally , With a love that's true Eternally.

From the start with in my heart it seems I've always known,

The Sun would shine when you were mine and mine alone.

I'll be loving you Eternally, There'll be no one new my dear

for me.  Tho' the sky should fall, remember I shall always

be Forever true and loving you Eternally.




永遠にあなたを愛していくよ…

それが本当の永遠の愛なら…

わたしの心は…最初からそれを知ってたみたい…


太陽は光り輝く…

あなたが私のもの、私一人だけのものだった時…


永遠にあなたを愛していくよ…

これから私に…愛しい人など…

他に誰一人もいらない… 
 

ときには空さえもおちてしまうようだ… 


思い出して…本当にいつまでも永久に…

そして永遠に…あなたを愛しているよ…





アーティストとして、人間として、男として
この名作と名曲に出逢えた事は信念の奇跡…
敬愛を込めて…感謝します

Kudo Studio Japan:Webサイト
http://www.kudomuramasa.com/index.html

| Muramasa Kudo | 22:15 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 22:15 | - | - | pookmark |
Comment








肝心帳

Profile

Mobile

qrcode

Search

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Sponsored Links

Feed

Recommend