肝心帳 kudo studio
Page: 2/2  << 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
問題意識はつねに自分を向上させます。
 自己を見つめる時にはじまるのは葛藤(かっとう)という迷路です。しかし迷路に入った以上は最後まで行くしかない・・・本当は大変な事なのですが。たいがいの人は迷路を入ってすぐにその大変さを感じ、その瞬間にくるりと回って背を向けてもと来た方へと戻り始めるのです迷路をそのままにして。
 自分の内面に目を向け、観(かん)じ、観(み)つめると・・我欲や自己顕示や比較・・色々と眼では見えなかった癌性の想像におかされた魂や精神が観得(みえ)る・・自分の内面・・自分のおうちです・・叩き出す権利を大家さんはいつも持っています。
 善い波動の奴と入れ変えちゃう・・自分のものだから・・優先事項は時と場合によってコロコロ変わって善いのです。決心しない事を決心する・・こんな矛盾もいいでしょう・・光と陰・・・正反対は両方あって存在します・・当たり前?当たり前が本当の当たり前になったら、当たり前なんて全然考えもしなくなるのが当たり前になる・・・頭がとまった時・・・本当の自分・・・赤ん坊のように・・受容できる・・・それでよし・・になります。

 問題というものは好き嫌いから始まります。嫌いなものは人であれ仕事であれ食べものであれなんでも問題になってしまうのです。でもその問題点をよく考えると、自己中心の楽をしたい好きなことだけが起きて欲しい・・・あり得ないのです。
 色々な問題と呼ばれることがらに取り組んでいくことで、人は成長もするし自分の夢を実現する為の方法や力を自分の中に積み上げていくのです。問題は、日々の起きることがらを問題にしてしまう考え、想像の仕方にその原因があることを知って下さい。
 ことがらを24時間の中で行動という動作で処理していく、ただそれだけの事・・・本当は問題ではないのでは?我ん張らないで・・頑張って生きましょう。
| Muramasa Kudo | 07:31 | comments(0) | - | pookmark |
自分の存在
 何をするのでも自分が最終的に決断する・・・人に決断を迫られたとしても・・Yes No は自分の決断・・自分のことは自分が一番よく知っている・・・これ程大きな見過ごしはないだろう・・・自分のことが一番観えない・・周りを見るのは肉眼で見えても、内側を観るのは心眼・・観取・・・感受とは違う・・、ましてや自分の内側はいつも観ないようにしている・・・そういう風に生きる癖がつく・・赤道直下の現地人に雪を説明しても理解させるのは難しい・・何故なら彼らの中には雪というものが認知されていないから・・人を見て善いとか悪いとか感じられ解るのは自分も同じものを持っているから・・・認知できる・・・人の事をとやかく言う人は・・低次元の自分を大声で自己紹介している事と同じ・・・皆・・飽きもせず他人の話で一生を過ごす人が大多数・・・ 無駄な生きかただ・・・自分という存在に不安を持っているからいつも他からの同調を求めてばかり・・・ね?
 そう思わない?でしょ?って感じで自分の存在を確かめる事ばかり・・・生まれて死ぬまで存在しているのに・・・自分を鏡や写真を通さずに肉眼で見る事は不可能だから・・・ただ、心眼、精神観でしか観れない、それも自己との闘いを続け内観をし続けたものでなければそういう事も出来ないであろう・・何かをわかっているからと・・自慢するべきものなどない筈・・自分がわかっていれば善い・・・人に求めても無駄・・・自分が善く解れば他もおのずから自然にわかる・・それでも人はたずねる・・・ why・why・why・・・自分などと云うものは無い、こういう自分、ああいう自分、あの時この時・・・千変万化の正体不明のお化けと同じ・・・それくらい自分ほど不確かなものはない・・・考える暇があったら手を動かしているか、読書でもした方がよっぽど自分のものになる・・・他人の事で頭を一杯にし、批判、中傷、比較対象としての自分の立場・・人の目を気にしてばかり・・・そんな生き方・・疲れるでしょ?

 自分に厳しく、内観を継続すれば、自然と他に優しくなる・・と私も学びの真っ最中・・・・感謝、合掌
| Muramasa Kudo | 03:33 | comments(0) | - | pookmark |
自己の進化、変化
 子供の頃から十代にかけて、私はよく、要領が悪い、飽きっぽい、我慢がない、計画性がない、勉強しない、オッチョコチョイでお人よし、なき虫で弱いくせに正義感は人一倍、夢ばかり見て自分の世界を想像してばかり、おまけに不良・・ ダメ押しは有名でよく当たるという占い師には、一生うだつが上がらず、何をやっても成功は無理な人生、人に使われているのが妥当な一生・・とまで言われていました。
 おれは何のために生まれて来たのか?何で役にも立たない俺がこうして存在しているのだろう?これからどうやって生きて行けばいいのだろう・・?だれだって途方に暮れるような状況だと思いませんか?・・そして高校を中退し上京・・・それからの人生は波乱万丈・・波瀾億丈・・!

 でも私はいつも夢を忘れる事はありませんでした。何度も何度も失敗し、そのたびに占い師の言葉を思い出し、めげたものでした。でもきっといつかは・・絶対にいつかは・・・と、夢を捨てませんでした。
 そして紆余曲折を経て、今はこうして皆さんと自分の経験や考えをシェアー出来るのでは?と思っています。誰でも持っている(睡眠中も多いが)自己の究極の力をいかに人生に役に立てられるかと云うことを、少しずつ解りやすく書こうと思います。どんな失敗も、全ては必ず将来の役に立つ事ばかりです。
 それどころか、今迄は駄目だと思ったことや、嫌な事がもっとも自分にとって、必要不可欠な事だったと、今更によく判るのです。

 皆さんに、もし大変だ、嫌だ、辛いというような事があったら、それは将来に於いて、素晴らしい発展の可能性がある証拠だと思ってください。自分が変化し、進化していく過程は、そういった思惑とは反対の中にもシッカリとあるのです。
 どうかどんなに苦しくても、諦めず、がんばって、自分は絶対に負けないっ!という事を忘れず、自分に・・絶対にやり遂げることが出来るっ!・・と言い続けてください。
 私はいまこうして、自分の夢の仕事をしています。必ず誰にも出来ることです・・・こんな私でさえ出来たのだから・・本当に愛する人や仕事があったら、どんなに大変な時でも、イヤだとか辛いか・・・って、あまり思わないと思うのです。
  それが自分の本当の幸せの価値そのものだと知っているはずだから・・。

ありがとう、感謝・・・それしかないな〜・・!
| Muramasa Kudo | 21:02 | comments(0) | - | pookmark |
肝心帳

Profile

Mobile

qrcode

Search

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Sponsored Links

Feed

Recommend